男性ホルモンの影響で抜け毛が増える

男性ホルモンの影響で抜け毛が増える

少々し兼ねるかもしれませんが、5留リダクターゼと呼ばれる酵素が働くことにより、強力な脱毛を引き起こしてしまう「ジヒドロテストステロン」に変わります。多くの男性が悩みを抱えている脱毛トラブルというのは、その殆どが男性型脱毛症(AGA)となります。

一般的では30代以降の中年層に幾多のことで知られています。このAGAというのは、男性ホルモンの影響によって抜け毛が増えてしまうことであり、尚早人ですと10代後半から30代にかけて、引き起こしてしまいます。

もちろん男性ホルモンが存在しているだけで、このような脱毛を引き起こしてしまうワケではありません。そこでAGAの治療となりますが、この場合、男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変えないため抑制させるお薬を処方するだけとなることから、もし不安なようでしたら、ホルモンを抑制することの出来る育毛剤も併用するとさらに効果的になります。

このような酵素・5留リダクターゼを予防する成分として、黄金花の根に存在している「オウゴンエキス」や、「シモツケソウエキス」「冬虫夏草エキス」「フラボステロン」「エストラジオール」などを挙げることが出来ます。ちなみにオススメなのは「BBUKA」という育毛剤であり、インターネットの口コミサイトなどでも非常に人気があります。

どの成分が含まれているのかは、育毛剤によって異なりますので、パッケージや説明書などに記載されている成分表を事前に確認しておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ